ネット生保で相続税対策をすることができます。相続税とはお金や土地などを相続する

ネット生保で相続税対策

ネット生保で相続税対策をすることができます。相続税とはお金や土地などを相続する際にかかってくる税金です。この相続税を払うことが困難な場合は延納と物納が許されています。延納は税金を納めることを延長してもらうことです。物納は土地や不動産などで納めることをいいます。もちろんこのような対応をするのは現金がないためです。親や祖先が残してくれた土地や家を売らないといけなくなるなって、不本意なことが多いでしょう。さらにこのような物納の場合は換金性が低くなってしまいます。

このようなことがないように、相続税対策にネット生保に入っておくのです。生命保険は被保険者がなくなったときに相続人に現金で払われるものです。相続税は相続発生後、10ヶ月以内の現金一括納付が原則になっています。この現金を生命保険の保険金で賄えれれば、物納によって土地や家を持っていかれることもありません。もちろん保険金は保険会社に支払請求をすれば、そみやかに現金を受け取れることができます。そのため相続対策には大変有効的です。

更に相続で悲しいのは受取人が複数いる場合はお互いが相続権を主張して争ってしまうことです。やはりお金がかかわることなので、親族とはいえ衝突は小さなものでも起こることがあります。そのような衝突を防ぐにも生命保険は大変有効です。死亡保険は受取人が指定できるので、遺産分割協議の対象外となっています。そのためこのような相続の衝突もおきることはありません。相続税対策にネット生保を上手に利用して、残される方の負担を少しでも軽減させることをおすすめします。






link/ 00/ 01/ 02/